時間が無い人へ、時間は自ら作るものだ

どうも、Lazy(@lazy_Engblog)です。

今日もボクの大好きな「時間」のお話。
ボクが、個人事業主で仕事をするようになってから、
「時間」について周りの人からよく言われる事がある。

しかも、特定の人から言われている訳ではない。
個人になる直前くらいから、最近までの話をすると結構な確率で言われる。

「時間があっていいなぁ」と言われる

個人事業主といっても、店舗を経営しているわけではなく
ネット環境とノートパソコン一台あれば、最低限の仕事ができる。

仕事場は、基本家か、シェアオフィスでやっている。
打ち合わせもあるのでガッツリ一人というわけでもない。

それでも、独身だし、組織に属していないので、
会社に属している人や、家族がいる人には自由な感じに見えるだろう。

「自分の時間を使わされてる」という感覚を捨てるべき

「時間が無い」と言う人からよく聞くのは

  • 妻・彼女がいるから好き勝手にはできない
  • 子供がいるから何かと手がかかる、目を離せない
  • 会社にいると付き合いや残業などで自分の時間は少なくなる

などなど、よく聞きますね。別に嘘は言ってないと思う。

自分もブラック環境で仕事してた時は、家に着くのがAM1時とか
下手すると、家に帰らないとかもあった。

子供は持ったことはないけど、あの無限の体力とも思える子供は可愛いが、大人は疲れるだろうと見てて思う。実際、親戚の子と遊ぶのは楽しいけど疲れる。

いろいろ気持ちは、分かる。

が、そこに時間を使おうと決めたのは自分でしょ?
なんか、勝手に恋人ができて、勝手に家族ができてきた感じに聞こえてしまうのはエゴなのだろうか。

言い訳しているのを聞くと、「コレさえ無ければ、俺・私は自由なんだ」と聞こえてくる。
「家族さえいなければ」ってちょっと怖い。

時間を作るには「やらない」ことが重要

時間を作るために、いろいろやってきた。
25歳で月30万の給与の正社員を辞めたり、独身なのに5人家族分ぐらいの食洗機と洗濯乾燥機を買った。

活動時間を増やすために、短い時間しか寝ない。
パフォーマンスが下がっても意味が無いので、昼寝はたまに挟んでいるけど。

そのくらい常に無駄な時間が無いかを意識している。
それでも、やっぱり「あぁ、ちょっと時間無駄にしたかもなぁ」なんて思うこともあるわけで

探せば、スキマ時間は見つかる。
スキマ時間も積もれば山となるのだ。

目的を持って時間の使い道は自分で決めましょ

別にダラダラしてたって良い。

ボクだってダラダラする時もある。
でも、「疲れているから、1時間だけ好きに過ごしてリフレッシュしよう」と
目的を持って休むようにしている。

要は、
「youtubeを見てて気づいたら、こんな時間に!」
なんていうことを減らしていくべき。

snsとかyoutube自体が悪いものでは無いのだ。

この時間は、家族と過ごす!
今日は、1日ゆっくり休む!
今から1時間集中して仕事する!

とか、最初は意識するもの疲れるけど慣れてくると無駄な時間を見つけやすい。
自分の人生なんだから、自分で決めて行動しようよ。

まとめ

最後に、ボクの好きな言葉を引用。

人間、今が一番若いんだよ。

明日より今日の方が若いんだから。

いつだって、その人にとって今が一番若いんだよ。

放送作家:永六輔

この言葉を前向きに捉えて行動するか、後ろ向きに捉えて落ち込むかは任せる。

ちなみに、永六輔さんは「上を向いて歩こう」を作詞した人です。